さがす・であう はじまりアーカイブス unico file

貼り絵のレジェンド

松崎 妙子

MATSUZAKI Taeko

Artist Image

松崎は郡山市内の福祉事業所「あゆみの家」に通っている。あゆみの家では日常的に絵を描いたり、貼り絵をしたりといった創作活動を行う他、広告チラシで小さな卓上のゴミ箱を折ったり、毎週行われる料理教室にも参加している。絵の制作は実物や写真をもとに行われる。特に貼り絵の表現には目をみはるものがあり、障がいにまつわる雇用問題を取り上げた啓発誌『働く広場』の表紙にも取り上げられている。

毎週行われる料理教室の前日には、職員とともに材料とレシピをA4のコピー用紙に書き出し、買いものにも出かけている。書かれたレシピは職員の手で大切にファイリングされ、今まで実施された料理教室の資料にもなっている。
カレンダーへの関心が高い松崎。自身で季節の行事や食べ物の絵を配したカレンダーを制作する他、毎年あゆみの家で販売用に作られるカレンダー内の絵も担当している。カレンダー用の貼り絵の制作には、普段より力が入る。野菜の貼り絵シリーズも、2016年のカレンダー用に制作されたものである。野菜の色に合わせて限られた色数から選び出され配置されていく色紙。その豊かな色彩感覚と再現性から、松崎が対象に向ける繊細な眼差しが窺い知れる。

Artist Image

前後の作品
作品閲覧パネルを閉じる